食糞をする犬のしつけ方法とは?

食糞をする犬のしつけ方法とは?

犬の食糞とは、自分や他の犬ののうんちを食べてしまうことを言います。
うんちを食べる。。。なんてショッキングな感じがしますが、動物界においては本当に多くの事例があり、普通に見られる行動でもあるのです。

 

犬は残飯をあさったりして生きてきた動物であるため、自分のうんちを食べることはおかしくないと考える人もいますが、うんちを食べない犬もいるのですから、食糞を普通の行為としてしまうのは、ちょっと強引すぎる気もします。

 

それでは犬がうんちを食べるというのは、どういう原因が見られるのでしょうか?
いろいろな食糞の原因と、犬のしつけで改善できる原因、対処法を挙げて行きたいと思います。

 

●本能に根差した自然な食糞行為(対策を練る必要はありません)
 〇子犬の食糞
これは子犬が自分のうんちを口に入れてしまうもので、これはどちらかと言えば自然な行動です。
生まれたばかりの子犬は外界に対する好奇心が旺盛!
好奇心から足元に落ちている奇妙な匂いを放つ物体を、思わず口にいれてしまうという行動は十分にしてしまうそうな行動です。

 

 〇母犬の食糞
母犬が子犬のうんちを食べるという行為は、自然な行動です。
犬や猫は、排せつ物の匂いに釣られて捕食者が近づいてこない様に自分の子供のうんちを食べてしまうという本能をもっているのだそうです。
通常は放置しておけば自然と直る行動です。

 

●対処が必要な食糞行為
犬の食糞行動対策、そして解決策の一覧です。
犬のしつけとして、食糞の原因が少しでも思い当たるものがあれば、解決策を試していきましょう。
 〇同じ食事に飽きた
犬は人間のように食に対する執着はありませんが、毎日同じ食事内容では飽きてしまう犬も中にはいるのです。
〜解決方法〜
エサの種類を変更してみましょう。

 

 〇いつものエサを変更した
いつもあげていたエサと違うブランドのエサに与えた。
手作りのエサに切り替えたなど急に食事内容が変わってしまい、内臓が消化しきれずに排便されたうんちの匂いで『まだ食べられるぞ!』と犬が判断してしまい再び食べてしまうということが考えられます。
〜解決方法〜
エサを元に戻してあげましょう。
しかしあまりにも安いドッグフードは得体の知れないものが入っている可能性もあるので敬遠しましょう。
どうしてもエサを交換したいのであれば、少量ずつ入れ替えながらスタートしてみましょう。

 

 〇食事量不足
エサの量が少なくて、ずっと小腹がすいた状態で、空腹を紛らわすために食べているのかもしれません。
〜解決方法〜
エサの量を増やしてあげましょう。
エサの回数が1日1回の場合は、2回に分けて与えてあげるのも効果的です。

 

 〇食事量過多
エサが多いと未消化部分が残り、美味しそうな匂いを放つうんちが出る可能性があります。
〜解決方法〜
エサの量を減らしてあげましょう。

 

 〇ストレス解消
散歩が足りずに運動不足、遊びが足りずに寂しい。。。
そのようなストレスを誤魔化すためにうんちを食べてしまうこともあります。
〜解決方法〜
散歩や遊びに量を増やしてあげましょう。
心地よい疲れを感じ、ストレスを発散できる環境を作ってあげましょう。

 

 〇飼い主の気を引きたい
『一度うんちを食べたら飼い主が僕に注目した!』こんな経験があり、わざわざうんちを食べて飼い主の気を引こうとします。
〜解決方法〜
犬がうんちを食べても無視しましょう。
しばらく無視し続けると、ごほうびも見返りも無くて食糞行為を自分から辞めるかもしれません。

 

 〇飼い主に叱られるのが怖い
以前うんちを食べたら思いっきり叱られた。
うんちをトイレ以外の場所にしてしまった。
など飼い主に起こられる前に犯行現場を綺麗にしようとする行為です。
〜解決方法〜
うんちをトイレ以外の場所にしても怒らないことです。
それは家族全員で統一しましょう。
そして決められた場所にうんちができた場合は沢山褒めてあげましょう。

 

食糞を解決するのも犬のしつけのひとつです。
しかし、飼い主側がうんちを食べるという行為がどうにも我慢ならない場合は、犬がうんちをした瞬間に取り上げ、いち早く処分してしまいましょう。


このページの先頭へ戻る