実践7日目-森田流犬のしつけ法-

実践7日目-森田流犬のしつけ法-

森田流犬のしつけ法 実践7日目!

 

「森田流犬のしつけ法」をはじめて今日でちょうど1週間になります。
少しずつではありますが、ココのパワーのコントールの方法も見えてきた気がする今日この頃です。
ゆくゆくは子どもだけでも散歩が出来るようになることは目標の一つです。

 

なので1週間目の今日、思い切って娘にリードを持たせて、同時に「しつけ」の方法を教えることにしました。
私自身も、「森田流」をおさらいする気持ちで、より丁寧に手順を追っていきます。

 

実践7日目-森田流犬のしつけ法-

 

やはり最初は勢い良くリードを引っ張ります。
娘も負けまいと踏ん張ってますね(笑)
写真では伝わりませんが、喉がヒューヒュー言っています(汗)

 

実践7日目-森田流犬のしつけ法-

 

ここで「森田流」の「権威」の発動です。
リードを短く持ちグイっと引っ張り上げるようにして、首輪にショックを与えます。
(子どもの力なのであまり強くはありませんが)
ココの場合は体も成熟していますし、加減を間違えなければ首を痛めることはありません。

 

実践7日目-森田流犬のしつけ法-

 

自身の足元に引き寄せて、お座りの姿勢をとらせます。
足腰を痛めないようにお尻を軽く押さえて促してあげます。

 

実践7日目-森田流犬のしつけ法-

 

そして忘れてならないのは、すかさず「褒める」こと。
「森田流」で言う「愛情の受け止め」ですね。
「イイコイイコ〜」とか「ヨシヨシ」とか声を掛けながら、背中や耳の後ろを撫でてあげます。
落ち着いたな〜と思うところまでしっかりと時間を掛けます。

 

実践7日目-森田流犬のしつけ法-

 

そして再びスタート!
……再び勢い良く走り出すココ(笑)

 

と思ったのですが、標識の前で軽くリード引き寄せ声を掛けると少しだけ歩調がゆっくりに?

 

実践7日目-森田流犬のしつけ法-

 

これは森田流の効果が現れたということでしょうか?
今回は娘に一連の「しつけ」をやってもらったのですが、客観的に見てみるとまた違った一面が見えてきたような気もします。
今まで、ココは娘を「自分と同じ序列」にあると思っていた節がありました。

 

でも子どもでもきちんとしつけに関わらせることで、そのあたりの問題の解決の糸口も見えたような気がします。
簡単に言うと「子どもにもちゃんと飼い主としての自覚」を持たせるという感じでしょうか?
「子どもの遊び相手に」という理由で我が家にやって来たココですけど、やはりそのあたりのケジメは大切ですね。


このページの先頭へ戻る