犬が無視するときのしつけ

犬が無視するときのしつけ

愛犬の名前を呼んだり『おいで!』と声をかけてみても、犬が無視する、または嫌がって何処かへ行ってしまう。。。なんてことはありませんか?
今まで懐いていた人に、突然犬が無視をすることがあります。

 

愛犬の名前を呼んでいるのに来てくれない、無視される、聞こえないふりをされると悲しくなりますよね?
聞こえないふりくらいは何とも可愛かったりしますが、嫌がれるのは寂しいですね。

 

もし愛犬の名前を呼んで嫌がられたり『おいで!』と呼んでも犬が無視する場合、どんなことが考えられるでしょうか?
愛犬の名前を呼ぶときにする行動として多いのは、毎日のお散歩に出掛ける時でリードに繋ごうと思っている時であったりします。

 

名前も呼んでも来ないことで『おいで!』とさらに声を掛けたりしますよね?
その呼びかけに愛犬が一応振り向くものの、その後は無視していたりします。
絶対に聞こえているはずなのに、聞こえないふりをしているのです(笑)
場合によっては逃げようとすることもあるでしょう。

 

実はここに理由があるのです。
飼い主に呼ばれて行けば。。。リードに繋がれると思っている場合があるのです。
リードに繋げる時にいつも『おいで!』とか犬の名前を呼んでいると、犬はこの言葉に拒否反応を示すようになるのです。

 

『おいで!』または『自分の名前』 = 『リードをするよ!』だと勘違いしているのです。
ですから聞こえないふりをしたり逃げたりするのです。
はっきり言ってしまえば。。。犬はなんて賢いのでしょうか?(笑)
犬の学習能力は、とっても高いのですよ!

 

ではどのように対応してしつけをしていけば良いのでしょうか?

 

リードで繋がれたとしても楽しい事があると思わせることです。
リードをしてすぐに、グルーミングをしてあげたり、おやつをあげてみたり、頭をなでなでしてあげたりしてみましょう。
楽しい事が待っていると思わせれば、言うことを聞いてくれるようになるでしょう。

 

他にも『飼い主の傍へ行くと嫌なことがある』などと思われていれば、なかなか呼んでも来てくれないでしょう。
犬が嬉しくなったり楽しくなったりすることを探してみましょう。
ご飯やおやつ、散歩やおもちゃなどいろいろあると思いますが、飼い主に撫でてもらったり、褒められるのが一番嬉しいのかもしれません。


このページの先頭へ戻る