吠える犬のしつけを学びましょう

吠える犬のしつけを学びましょう

犬のしつけの中でも、吠えることについて(無駄吠え)のしつけに関して悩んでいる方は多いのではないでしょうか?
一戸建てはしかり、マンションなどの集合住宅でも近隣トラブルになりかねません。大きな声で吠える犬に対する不快感は、かなり大きなものがありますので飼い主は愛犬のしつけはしっかりとしておきたいものですね。

 

@犬の無駄吠えはどんな時に出るの?
無駄吠えとは全く吠える必要が無い時に吠える、または飼い主が吠えてほしくない時に吠える、などがあります。
●家にお客様がいらした場合・散歩中に他の犬と出会った場合
『お!知らないやつが来たぞ!怖いから吠えて追い返してやろう!』
(恐怖心から吠える)
 『ん?怪しいやつだ!僕が飼い主さんを守らなきゃ!』
(攻撃性が出て吠える)
●怪しい音がして吠える
『ん!この音は何だろう?怖いよ〜吠えて仲間を呼ぼう!』
(恐怖心から吠える)
●お腹がすいて吠える
『お腹がすいたよ〜!誰かご飯をちょうだい!』
(わがままで吠える)
●一人ぼっちで寂しくて。。。
『寂しいよ!怖いよ〜!誰かそばに来てっ!』
(分離不安で吠える)

 

上記のように犬が無駄に吠える原因としては、一番はストレスや不快感を感じた時です。
怒りや不安、恐れ、欲求不満が問題行動を生み出すのです。

 

結果、犬のしつけに移る前に重要なことは、生活環境の中に無駄吠えの原因になるものが無いかどうかをチェックすることが大切です。
まずは犬の気持ちになって!
犬の怒りや犬の恐れ、犬の欲求にうまく応じてあげることが大切です。

 

犬のストレスをうまく取り除いてあげることで、犬のしつけをしなくても問題が解決してしまう場合もあるのですから。

 

A犬のしつけをし直す(無駄吠えを失くす方針)
まずは愛犬にしてほしい行動=快(ご褒美をあげる)
愛犬にしてほしくない行動=不快(おしおきをする)
を教えるのがしつけの基本です。
もし、吠えることが不必要な状況の時、望ましくない状況の時はおとなしくしていた。。。
『この瞬間にご褒美をあげる』
そして、吠えることが不必要な状況の時、望ましくない状況の時に吠えた。。。
『この瞬間におしおきをする』
ということです。

 

注意:避けるべき解決方法
無駄吠えを解決する方法の中で、避けておきたい方法がいくつか存在します。
ひとつは『ショックカラー』です。
これは犬が吠えた瞬間に電流が流れ、犬に痛みを与えるという首輪です。
もうひとつは『声帯切除手術』です。
犬の声帯の一部に切れ目を入れ、声が出にくくするというものです。

 

どちらも人間には都合が良いかもしれませんが、犬のストレスを増やしているだけにすぎません。
犬を愛しているのであれば、お勧めできない方法でしょう。

 

B犬のしつけをし直す(無駄吠えをなくす実践)
いよいよ実践です!
まずは『ひとつの行動と快・不快を一緒にさせない』そして『行動に際にすばやく賞罰を与える』この2点を忘れないでください。

 

準備することは@ご褒美A罰B無駄吠えのきっかけを知る、この3点です。

 

しつけの実践は、
●犬の無駄吠えを誘発させてみる。
 ↓
●無駄吠えをしたら瞬間的に不快(おしおき)を与える
 ↓
●無駄吠えをやめたら瞬間的に快(ごほうび)を与える
 ↓
●無駄吠えが無くなってきたら、ごほうびの回数を減らす

 

こんな感じです。

 

無駄吠えを誘発させるのは、いろいろな音に慣らす為、食事のしつけをする為、留守番のしつけをする為の状況再現だと思ってください。

 

おしおきのいろいろ
犬には可愛そうですが、●いきなり布をかぶせ犬の視界を塞ぐ●意思を入れた空き缶を落とす●リードで首輪をギュッと引く●酢を薄めたスプレーを噴射してみる●噛みつき防止剤(ビターアップル)を使用する、などです。

 

最後に犬の集中力はだいたい10分か15分程度です。
長い時間延々と実践しても効果がありませんし、犬にとってもストレスの元です。
集中力がなくなってきたら、時間を変えたり、翌日に改めて再開しましょう♪
しつけを焦って犬の感情を無視してはいけません。
犬は大切な家族の一員なのですから!


このページの先頭へ戻る