犬が散歩を嫌がる場合はどうしたらいいの?

犬が散歩を嫌がる場合はどうしたらいいの?

犬なら必ずお散歩が好き!というイメージが何となく私たち人間にはありますが、嫌いな犬もいるのです。
犬が散歩を嫌がる理由はなんなのでしょうか?

 

子犬の時期から外での歩行をさせなかったりして、周囲の騒音や他の犬との遭遇などの外社会の環境に慣れさせなかったことが原因で、成犬になってからも散歩を嫌がるということが出てくるのです。

 

しかし精神的にも健康上も、犬が散歩を嫌がり外出しないということは良い事ではありません。
外出することを嫌がり、散歩に連れ出すタイミングが上手く掴めなくても、少しずつ散歩が出来るようになるまで支えてあげましょう。

 

では、犬が散歩を嫌がる場合はどのようなことをしてあげればよいのでしょうか?

 

@家から外に出る時には、まず先に飼い主が外へ出ましょう。
飼い主が背を低くして犬の目線に合わせてあげ、リードをゆっくりと引っ張りながら愛犬の名前を呼んであげて外に誘導しましょう。
これは犬に恐怖心を与えないのが目的でもあります。

 

Aそれでも嫌がって外に出ない場合は、抱きかかえて外に出てみましょう。
そして自宅の場所を確認できる位置に犬を降ろしてあげます。
そうすると犬は恐怖心から家に帰ろうとしますので、その行動を利用して帰りは家まで歩いてくれるでしょう。
これの繰り返しで、徐々に距離を長くしていき外で歩くことに慣れさせてあげましょう。

 

B外出が可能になりましたら、犬が好きなおもちゃやおやつなどを持参して講演などで一緒に遊んでみましょう。
犬が好きそうな人に出会ったら、撫でてもらったりして可愛がってもらうことで、外には楽しい事が待っているんだということを印象づけましょう。
普段から好きで食べているおやつなどを外で食べさせるのも良い方法です。
とにかくゆっくり出来そうなところに外出して、飼い主が愛犬とゆっくりと遊んであげることがもっとも効果的でしょう。

 

毎日諦めないで少しでも外に連れ出してあげること。
そして愛犬に沢山の愛情を注いであげましょう。


このページの先頭へ戻る