犬の嫌いな臭いはどうしたらいいの?

犬の嫌いな臭いはどうしたらいいの?

犬の嫌いなにおいって、実はいろいろあるんですよ?
犬の嗅覚は、人間の数万倍(実際は一億倍とも!)と言われていますから、嫌いなにおいも半端じゃないのでは?なんて思ってしまいますが、そうではないらしいのです。

 

犬の嗅覚には人間とは違った好き嫌いがあって、さらににおいの種類によっても強弱があるのだそうです。
ですから全てのにおいに対して、人間の一億倍の嗅覚を発揮している訳ではないのです。

 

一億倍の嗅覚というのは何から確認されたかと言えば、以前実験が行われた際、純粋酢酸を少しずつ薄めて嗅ぎ分けを行ったところ、一億倍に薄めても酢酸を嗅ぎ分けられたことから出た数値なのです。

 

すなわち一億倍というのは、酢酸系のにおいにおいて実証された数値なのです。
ですから人間を含めた哺乳類の汗や涙などに含まれる酸に、犬歯強い嗅覚を発揮するということなのです。

 

そして犬の嗅覚は、『一億倍なので敏感過ぎて耐えられない臭い』なのではなく『一億倍だからどんなに薄くても感じとれる大好きなにおい』なのだということです。

 

そこで嗅覚の強さとは別に、しぐさなどから犬のいやなにおいを探ってみましょう。
犬の飼い主さんの意見を集めてみたところ

 

〇タバコの煙
〇マニキュアのにおい
〇アルコールのにおい
〇お酢のにおい
〇整髪スプレーのにおい
〇香水のにおい

 

上記のものを犬のいやなにおいとして挙げられました。

 

タバコの煙でくしゃみを連発する。
タバコの煙を嗅ぐと自分の小屋に逃げ出す。
酢昆布をあげようとすると、においを嗅ぎくしゃみを連発しつらそう。
除菌用のハンドジェル(アルコール臭)のにおいを嗅がせると怒り出す。

 

などなど、犬のいやなにおいに対する態度も様々ですね。

 

しかし、どれも犬にとって必要なもではないでしょうから、近づけないことが一番でしょう。
また、この犬のいやなにおいを使ってしつけをしている方もいらっしゃいます。
例えば、犬にかじられて困る場所に透明のマニキュアを塗っておくと、かじられなくなるそうです。

 

しつけに犬のいやなにおいを利用する。。。こんな方法もありそうですね!


このページの先頭へ戻る