犬が暴れるので困っている場合の対処法

犬が暴れるので困っている場合の対処法

犬が暴れる理由にもいろいろあり、それを愛犬だけのせいにしてしまうのは危険です。
特に子犬の頃は、どんな犬種でも落ち着きがありませんし暴れたりします。

 

特にケージで飼っていたりすると、外に出した途端部屋中を暴れて全力疾走したり。。。
これはなんにでも興味がある時期で、ケージから出た時の解放感やご飯をもらえる嬉しさを体いっぱいで表現しているのでしょう。

 

犬が暴れると言っても、子犬の時期は仕方がないと思ってください。
そして少しでもフリーに出来る時間を増やしてあげてください。
体が小さい事で危険も伴うと思いますが、飼い主がしっかりと監視していれば問題ないでしょう。
何でも噛んでしまうのであれば、口にしてはいけないもの、噛まれて困るものは片づけておきましょう。
勢い余ってぶつかってしまうものがある場合は、タオルなどでカバーしておきましょう。

 

大きくなるにつれて、少しずつ落ち着いてきます。
いつしか落ち着きすぎてしまって、寝てばかりになってしまうこともありますから(笑)

 

ケージに関して言えば、クレートトレーニングもしていない犬をケージで飼育するのは避けましょう。
ペットショップでの説明を鵜呑みにして『10分くらい遊ばせたらケージに入れましょう!』などという説明を本気にして繰り返していれば、子犬は後々暴れ出し大暴走することになるでしょう。
トレーニングも受けていない子犬をケージに閉じ込めればストレスは極限に達します。
特に飼い主さんが昼間は仕事や学校で留守にすることが多い場合は、犬はひとりきりでケージに閉じ込められストレスが溜まっているはずです。

 

結局は飼い主さんとの関係で、犬が暴れる、暴れないは決まってくるかと思います。
飼い主さんとの上下関係がしっかり築き上げられているか?まずはそこからです。
もしケージに入れていて犬が暴れるのであれば、ケージに入れない生活をさせてあげることが先決です。

 

いろいろなしつけ方法があると思いますが、犬によっては『ケージは百害あって一利なし』ですから。


このページの先頭へ戻る